<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テンソウメツ | main | 洞窟 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      改・テンソウメツ
      昨日載せたテンソウメツが、かなり怖かったので自作コピペを作ることにしました。

      素人が書いたものですから、つたない文章ですが、それは多目に見てくださいm(__)m




      一週間前の話。
      娘を連れて、ドライブに行った。
      なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。
      で、娘を脅かそうと思って舗装されてない脇道に入り込んだ。

      娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。
      そしたら、急にエンジンが停まってしまった。

      山奥だからケータイもつながらないし、車の知識もないから
      娘と途方に暮れてしまった。飯食ったドライブインも歩いたら何時間かかるか。
      で、しょうがないからその日は車中泊して、次の日の朝から歩いてドライブイン
      行くことにしたんだ。

      車内で寒さをしのいでるうち、夜になった。
      夜の山って何も音がしないのな。たまに風が吹いて木がザワザワ言うぐらいで。

      で、どんどん時間が過ぎてって、娘は助手席で寝てしまった。

      俺も寝るか、と思って目を閉じてたら、何か聞こえてきた。

      今思い出しても気味悪い、声だか音だかわからん感じで

      「テン(ケン?)・・・ソウ・・・メツ・・・」って何度も繰り返してるんだ。

      最初は聞き間違いだと思い込もうとして目を閉じたままにしてたんだけど、
      音がどんどん近づいてきてる気がして、たまらなくなって目を開けたんだ。

      そしたら、白いのっぺりした何かが、めちゃくちゃな動きをしながら車に近づいて
      くるのが見えた。形は「ウルトラマン」のジャミラみたいな、頭がないシルエットで
      足は一本に見えた。そいつが、例えるなら「ケンケンしながら両手をめちゃくちゃに
      振り回して身体全体をぶれさせながら」向かってくる。

      めちゃくちゃ怖くて、叫びそうになったけど、なぜかそのときは
      「隣で寝てる娘がおきないように」って変なとこに気が回って、叫ぶことも逃げることも
      できないでいた。

      そいつはどんどん車に近づいてきたんだけど、どうも車の脇を通り過ぎていくようだった。
      通り過ぎる間も、「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」って音がずっと聞こえてた。

      音が遠ざかっていって、後ろを振り返ってもそいつの姿が見えなかったから、ほっとして
      娘の方を向き直ったら、そいつが助手席の窓の外にいた。
      近くでみたら、頭がないと思ってたのに胸のあたりに顔がついてる。思い出したくもない
      恐ろしい顔でニタニタ笑ってる。

      俺は怖いを通り越して、娘に近づかれたって怒りが沸いてきて、「この野郎!!」って
      叫んだんだ。
      叫んだとたん、そいつは消えて、娘が跳ね起きた。

      俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が
      「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」
      ってぶつぶつ言ってる。

      やばいと思って、何とかこの場を離れようとエンジンをダメ元でかけてみた。そしたら
      かかった。急いで来た道を戻っていった。娘はとなりでまだつぶやいている。

      早く人がいるとこに行きたくて、車を飛ばした。ようやく街の明かりが見えてきて、
      ちょっと安心したが、娘のつぶやきが「はいれたはいれた」から「テン・・ソウ・・メツ・・」に
      いつの間にか変わってて、顔も娘の顔じゃないみたいになってた。

      家に帰るにも娘がこんな状態じゃ、って思って、目についた寺に駆け込んだ。
      夜中だったが、寺の隣の住職が住んでるとこ?には明かりがついてて、娘を引きずりながら
      チャイムを押した。

      住職らしき人が出てきて娘を見るなり、俺に向かって「何をやった!」って言ってきた。
      山に入って、変な奴を見たことを言うと、残念そうな顔をして、気休めにしかならないだろうが、
      と言いながらお経をあげて娘の肩と背中をバンバン叩き出した。

      住職が泊まってけというので、娘が心配だったこともあって、泊めてもらうことにした。
      娘は「ヤマノケ」(住職はそう呼んでた)に憑かれたらしく、49日経ってもこの状態が続くなら
      一生このまま、正気に戻ることはないらしい。住職はそうならないように、娘を預かって、
      何とかヤマノケを追い出す努力はしてみると言ってくれた。妻にも俺と住職から電話して、
      なんとか信じてもらった。住職が言うには、あのまま家に帰っていたら、妻にもヤマノケが
      憑いてしまっただろうと。ヤマノケは女に憑くらしく、完全にヤマノケを抜くまでは、妻も
      娘に会えないらしい。

      一週間たったが、娘はまだ住職のとこにいる。毎日様子を見に行ってるが、もう娘じゃないみたいだ。
      ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見てくる。
      早くもとの娘に戻って欲しい。

      それからさらに、一週間後のこと。

      あの事件が起きてから、二週間が経った。住職は毎日ヤマノケを抜こうとしてくれていた。

      必死な表情を浮かべる住職。それを嘲笑うかのようにニタニタ笑いを浮かべる娘。

      「く・・・!」住職は荒い息をしながら、額の汗をぬぐった。俺は結果がおもわしくないとさとりつつも、どうですかと聞かずにはいられなかった。

      「駄目だ・・・」
      住職の口から諦めの声が出た。「私の力ではヤマノケを払うことができない」

      その言葉を聞いて、俺は崖から突き落とされたような思いがした。俺は何とかならないんですかと、住職に泣きついた。

      「待ちなさい。まだ手がないわけではない。」住職はまるで諭すように言った。
      「確かに、私の力ではヤマノケを追い出すことはできん。だが、あの人なら何とかしてくれるかもしれん。」

      俺があの人とは一体、といいかけた時だった。

      「俺だ」

      いきなり後ろから声がしたかと思い、振りかえると、そこには一人の青年が立っていた。

      あなたは一体・・・?という俺の問いかけには答えず、その青年は娘のもとに近寄った。

      「これは・・・。」
      青年は、今もニタニタ笑いを続ける娘を見て言った。

      「二人は下がっててくれ」青年はそう言うと、何か力を込めるようなポーズを取った。この時、ニタニタ笑う娘の顔が一瞬強張ったようにも見えた。

      「破ァァァァァァァァ!!!」

      いきなりその青年の手からまばゆい光が出たかと思うと、その光は娘に向かって放たれた!

      奇声を発する苦しむ娘から、何かが分離した。俺はすぐに、それがあのヤマノケだということが分かった。

      娘から離れたヤマノケは怯む素振りを見せたが、あのニタニタ笑いを浮かべながら、なおもとりつこうと倒れてる娘に迫った。

      だが、青年がその間に割って入り、

      「こんなかわいい女の子にとりついて結界を広げる、小悪党めがぁ!」

      そして再び「破ァァァァァァァァ!!!」という叫び声をあげると、再び先ほどのあの光をヤマノケに向けて放った!

      奇声をあげて苦しむヤマノケ!!そして青年が放った光により、バラバラに砕けちり、消滅していった。最後にあの「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」という言葉をつぶやきながら・・・。

      後に聞いたところによると、この青年は寺生まれのTさんと言い、住職の知り合いだという。ヤマノケが自分の手におえないと感じた住職が、昨日電話で退治を頼んだのだそうだ。

      「人にとりつき、体を乗っ取ろうなんて、とんだ不届き者だぜ・・・」

      はにかみながらそう言うTさんを見ながら、

      寺生まれってスゲェ、俺はその時初めて思った。






      寺生まれのTさんとは何か、という方は後で解説記事載せますf^_^;
      | 自作コピペ | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 01:46 | - | - | - | - |









        http://amenoagari.jugem.jp/trackback/219